換金率が高いギフト券は85%から95%程度で取引されています。

ギフト券別の換金率

ギフト券の換金率イメージ

ギフト券の買取は気軽に利用出来ますし、高い換金率なのでメリットだらけです。
しかし、一口にギフト券と言っても多種多様なギフト券が発行されているのです。
どのギフト券を換金するのが効果的か判断するのは難しいでしょう。

 

また、貰ったギフト券を換金したい場合は、それがどれだけの値段になるかも気になるところです。
ギフト券別の換金率をまとめていきますので参考にしてみてください。
高い換金率のギフト券が手元に残っているなら換金してみると良いでしょう。

 

Amazonギフト券

ネットショッピングでAmazonの存在感は非常に大きなものになっています。
通販と言えばAmazonと言っても良いぐらい日本に浸透しているのです。

 

そんなAmazonで利用出来るAmazonギフト券は需要が極めて高いです。
換金率も90%から95%になるので、ギフト券の換金はAmazonギフト券で決まりと言っても良いでしょう。
ただし、Amazonにはメールタイプやカードタイプなど様々なギフト券があります。
種類によっては換金率が下がってしまうので、基本的にはカードタイプを購入するのが無難です。

 

Amazonギフト券の買取相場

 

楽天ギフト券

こちらもAmazonと同じく楽天市場で利用出来るギフト券です。
市場規模はAmazonよりも大きいので、楽天ギフト券の需要も高いと言えるでしょう。

 

換金も頻繁に行われており人気のギフト券なので、積極的に利用したいものです。
コンビニで簡単に購入出来るのもメリットとなります。
換金率は90%から95%が相場で、Amazon同様におすすめのギフト券です。

 

VISAギフトカード

カード会社のギフト券の1つにVISAギフトカードがあります。
全国50万点のお店で使用出来るので人気が高く、お祝いの時の贈り物に使われることが多いです。
3000円から5万円までのギフト券を購入出来るので、都合の良い金額に調整しやすいメリットもあるでしょう。

 

VISAギフトカードですが、換金率は85%から95%程度となります。
90%を超えたら換金を決断して良いでしょう。

 

iTunesカード

スマホを常に身に付けている若い世代にとってiTunesカードは人気です。
しかし、スマホで課金する人は一部に限られていますし、金券ショップを利用する世代でもありません。

 

そうなると自然と課金率も下がってしまい、相場は75%から85%程度になります。
ただし、これは都内の相場であって地方へ行くと50%から60%まで下がるでしょう。
需要はあるものの金券ショップでは売れにくいギフト券は換金率が良くないのです。
ちなみにGooglePlayカードも同様の換金率と見て良いです。

 

特定商店や商品のギフト券

ビール券やお米券、チェーン店でのみ使えるギフト券があります。
これらは特定の用途やお店でしか使えないギフト券になるので、換金率はかなり下がるでしょう。
用途が限られているギフト券は、金券ショップが買い取っても売れないリスクがあるので嫌煙されがちです。
換金率は良くても60%から70%前後になると見て良いです。